広島県福山市三之丸町・長岡矯正歯科/矯正歯科(歯列矯正・歯並び)専門,日曜診療,成人矯正,子供矯正も

歯並び・かみ合わせが悪くなる原因
 
○幼少時からの舌と唇の機能異常
  • 口呼吸
  • 唇を閉じずにポカンと口が開いたまま(口唇閉鎖不全)
  • 舌の癖(舌が下に落ち込む・前に押し出す)
  • 異常な飲み込み癖(異常嚥下癖)
  • 姿勢が悪い
  • 以上の要因が歯並び・かみ合わせに最も重大な影響を及ぼします。 矯正治療を行う場合、この問題を同時に改善しておかないと、いったんきれいに並んだ歯並びが再び悪くなる『後戻り』が起こります。

    ○食事の仕方がよくないこと

    食事の仕方も、歯並び・かみ合わせに影響を及ぼします。

  • 清涼飲料水の摂取(スポーツドリンクを含む)
  • よく噛まずに食べる
  • 3度の食事の量が少ない
  • 前歯でかみ切らない
  • 食事の時の姿勢に問題がある
  • 特に清涼飲料水の取り過ぎが、見落とされがちな歯並びを悪くする原因です。

    ○悪い癖(くせ)
    頬杖や横向き寝、唇の癖、爪噛み、指しゃぶりなども、
    歯並びかみ合わせに影響を及ぼします。
    癖を直さないと、矯正治療してきれいになった歯並びが崩れてしまいます。
    ○その他の原因
  • 乳歯がいつまでも抜けない(乳歯晩期残存)
  • 乳歯の早期喪失(抜けてしまったり、歯科医院で抜歯)
  • 軟組織の異常(小帯の異常)
  • 歯の形・数の異常
  • 乳歯の虫歯
  • 舌の形態異常
  • 永久歯の喪失・虫歯・萠出遅延
  • 不適切な修復物(詰め物)
  • 比べて約半分に減ってしまったそうです。あごの発育は、『かむ』という行為により刺激され、促進されます。かむ回数が少なくなれば、逆にあごの発育は悪くなります。

     
    歯の問題
    ○永久歯が大きくなっている
    永久歯のサイズが、全ての歯種に於いて大きくなっていることが、最近分かってきました。
    永久歯のサイズが大きければ、当然歯並びは悪くなりやすくなります。。
    Copyright(C)2007Nagaoka Orthodontic Clinic All Right Reserved.