広島県福山市三之丸町・長岡矯正歯科/矯正歯科(歯列矯正・歯並び)専門,日曜診療,成人矯正,子供矯正も

矯正治療の目的
矯正治療の一番のメリットは、治療を受けるご本人が、一生分の歯を使うように、考え方を変えることです。
 
○口元がキレイになる
言わずと知れた最も感動する部分です。
「歯が凸凹」、「歯のすき間」「出っ歯」「受け口」などといった見た目の問題が解消されます。
歯や口元は顔の印象を決める上での大きな要素のうちのひとつです。矯正治療はお顔の印象に変化を与えてくれます。

結果 ⇒ 歯並びのコンプレックスを取り、自信と笑顔を 取り戻すことで身体面だけでなく、心理面においても良い影響を与える。

 
○歯ブラシがしやすくなるため、虫歯や歯周病に対し、抵抗力のある歯になれる
・虫歯に対して
歯並びに問題があると虫歯になりやすいというのは、当たり前の話ですが、虫歯治療そのものが難しいのです。
せっかく治療しても、正常な歯並びの方よりも結果が悪く再び虫歯になりやすい状態が続きます。
 
・歯周病に対して
歯は単独で存在しているわけではなく、歯の根っこは骨に埋まっており、その周りを歯ぐきが覆っています。 しかし、歯の並びが悪く、外にとび出した歯は根っこが一部、骨から出ていることがあります。 こうした場合、根っこの周りは歯ぐき1枚という状態となり、その歯には過度の力がかかりで歯周病のリスクが高くなります。 矯正治療後はバランスよく噛む力が分散され、結果として歯周病に対して抵抗力ができます。
 
○矯正治療を受けることにより、歯ブラシの習慣がつきます。
 
○顎の関節と歯の並びに変化がおこる
顎の関節と歯の並びには深い関係があります。
人間は雑食性であり、他の動物とは違った顎の関節をしています。
肉食性の動物は、肉を噛みちぎることを目的とした歯を持っていて、そのため関節は口を開いたり閉じたりといった上下の動きのみの動きをします。
一方、草食動物は、草をすりつぶすことを目的とした歯を持っていて、関節は前後左右に動きます。
雑食の人間はその両方の動きをする複雑な関節の形を持っています。
歯並び と あごの関節との関係が悪い場合、歯またはあごの関節のいずれか、またはその両方にダメージが蓄積することがあります。このため、あごの関節とそれぞれの歯が本来の役割を発揮できるように歯の並びを治すことが矯正治療の目的となります。
※反対に顎関節に負担を与える、歯に負担を与える考えもあります。
患者様によっては、決して万能の治療というわけではありません。
 
Copyright(C)2007Nagaoka Orthodontic Clinic All Right Reserved.