広島県福山市三之丸町・長岡矯正歯科/矯正歯科(歯列矯正・歯並び)専門,日曜診療,成人矯正,子供矯正も

歯ブラシの大きさ

ブラシの大きさは奥歯まで届くヘッドの小さいものが良いでしょう。目安としては、ヘッドの大きさが手の親指の幅、または上の前歯2本分です。しかし、乳歯が生え始めてから永久歯がそろうまでの子供には歯列に合った歯ブラシを使うことが大切です。
 

毛のカット

 
毛の高さが均一な平行型は、どこにでも当たり、様々な磨き方に対応できるのでおすすめです。
最近、スーパーや薬局で売っている歯ブラシは複雑な形をしているハブラシが多いようです。磨きにくい部分や気になる部分がある方はそれに応じたカットを選べばよいでしょう。
 
 
ハブラシの硬さ
 

ハブラシは硬いほど歯垢を落とす力が強くなります。
歯垢除去力は、硬め>ふつう>柔らかめ となります。

だからといって、いつも強い力で磨いている人が硬めの歯ブラシを使うと、歯が磨り減ってしまいまい、知覚過敏を誘発してしまいます。硬めの歯ブラシは普段から弱めに磨いてしまうお年寄りや女性向きかもしれません。
柔らかい歯ブラシは歯肉に腫れや出血がある場合や磨く力が強くなってしまう方向けで、そういった症状のない方は基本的には、普通の硬さの歯ブラシをおすすめします。

 

ハブラシの種類

 

手用歯ブラシ

 
手で磨くタイプの歯ブラシです。
利点: 安価。毛の硬さやヘッドの大きさ、カットなどが豊富で、個人にあったものを選べ る。また、細かなところまで手が届く。
   
欠点: 細かい動きが必要なので、うまく使えていないと磨きの残しがでてしまう。きちん
とに磨くのに時間がかかる。
 
電動ハブラシ
 
電動ハブラシはモーターでブラシを回転、振動させて動く歯ブラシです。
利点: 手を動かさなくていい。短い時間で磨くことができる。
   
欠点: 「替えハブラシ」も含め値段が高い。使い方を間違えると歯や歯茎を傷つけてしまう恐れがある。
 
超音波ブラシ(音波ブラシ)
 
超音波とは人間の耳に聞こえる音波よりも高い振動数(20,000Hz以上)の超音波を使って発振するのが超音波歯ブラシです。
利点: 音波が細菌のかたまりを破壊する。また、細菌を付着しやすくする歯垢の一成分を除去する。
   
欠点: 電動だが手用歯ブラシと同様に細かく動かす必要がある。重く、高価である。
 

☆補助用具

歯ブラシだけでは届きにくい場所には補助用具を使用しましょう。

歯間ブラシ・・・ 歯と歯の間の隙間の清掃に使います。自分の歯の隙間にあったサイズを選びましょう。
     
ワンタフトブラシ・・・ 普通の歯ブラシでは大きすぎる部分のワンポイントに使う。
     
デンタルフロス・・・ 歯と歯の接触面の清掃に使用します。使用中に糸がほどけたり切れたりする場合は、歯に問題がある可能性があります。
 
歯ブラシの交換時期
 
歯ブラシも消耗品の一つです。毎日使っている以上、交換する時はやってきます。
しかし、この時期を過ぎてしまうと同じ時間磨いたとしても汚れを落としにくくなってしまいます。
歯ブラシの交換時期は・・・
目安としては1カ月に1度
毛先が少しでも開いた時
です。
 
上の写真の歯ブラシのように毛先が開いてブラシの背中が見えるようになって交換するのでは遅すぎます。 それだけ毛先が広がってしまうと、汚れを落とす効率が下がってしまいます。
どんなに磨いても中々プラークは落ちません。
歯ブラシの使用後は、水で丁寧に洗い、風通しの良いところでよく乾燥させましょう。
歯磨き粉
 
たくさん歯磨き粉をつけて磨くとさっぱり感が強くなってきれいになったような気がします。しかし、本当は口の中が泡だらけになって、すぐ口をゆすぎたくなるので実際にはあまり綺麗に磨けてないことが多いのです。なので歯磨き粉の量は歯ブラシに1cmくらいを目安につけるといいでしょう。
一般的なペースト状の歯磨き粉に入っている研磨剤は、汚れだけでなくエナメル質も削ってしまう恐れがあるので要注意。
研磨剤ばかりに頼らず、ブラッシングで歯垢を除去したいものです。歯垢を除去する主役はあくまで歯ブラシ。歯磨き粉は脇役と思って、毎日歯磨きに励みましょう。
 
どの歯ブラシが一番いいのか??
 
上手に普通の歯ブラシを使えるのなら、それに勝るものはありません。ただ普通の歯ブラシは使い方によって効果が大きく変わります。自分の歯並びや問題点をきちんと把握してブラッシングすることが何よりも大切です。それを踏まえたうえで自分に一番適した歯ブラシを選びましょう。判断が難しい場合は、歯科医院で相談するのも良いでしょう。
 
Copyright(C)2007Nagaoka Orthodontic Clinic All Right Reserved.